お気軽にご相談ください。

24時間受付中
電話受付時間10:00~20:00 初回無料メール相談はこちら

いつもお客様との共同作業。最後まで寄り添ってくれる、そんなお客様の願いに応えてきました。
共依存の克服には自分軸の構築から。心理学や時には(現実的な)スピリチュアルを交えながら克服していきます。
夫婦問題を解決して終わりじゃない!離婚カウンセラーの常識を覆したい!千葉県柏市(アクセス詳細はコチラ)を中心に活動しています。出張可。電話相談可。
無期限(何度でもご相談可能)の定額メニュー『「共依存」克服プログラム(離婚・修復相談含む)』(メニュー・料金表はコチラ)が好評です。
離婚・修復後までフォローいたします。 

HOME | 夫婦円満豆知識 | 自分の話を聞いてもらい、相手の本音を引き出す秘訣

自分の話を聞いてもらい、相手の本音を引き出す秘訣

「どうして私の話を聞いてくれないの!?」

こんな気持ち、夫、妻関係なく両者にあると思います。
でもそれを言い続けた結果、聞いてくれたことってあるでしょうか?
ないですよね?

まずはパートナーの話を聞いてあげましょう。
そうすれば相手は、
「返報性の原理」であなたの話を聞いてくれる確率は上がるでしょう。

ただし、当然のことですが、
「聞いてあげたんだから私の話も聞いてね」
という雰囲気を出して聞いてはいけませんよ。
そういう雰囲気は伝わってしまうものです。

これは話を聞いてもらうということだけでなく、
いろいろな場面で使えます。

何か買って欲しいものがあれば先に買ってあげる。
まずは自分から与える。
簡単なようで難しいです。
 
さらにこれは自分の話を聞いてもらえるだけでなく、
相手に本音を言ってもらえることにもつながります。

あなたがちゃんと聞いていれば、
相手はあなたのことを、
「あなたに話せば話をちゃんと聞いてもらえる」
「ちゃんと聞いてもらえる安心感がある」
と思ってもらうことができ、
結果として、本音を話してもらえます。

夫婦の間ではもちろんすべてを話す必要はなく、
時には話さない方が良いこともありますが、
いつも安心して話ができるという安心感は不倫を防ぐことにもつながります。
仮に他の人に心が移りそうになっても、移ってしまったとしても、
あなたが最終的な「帰る場所」となるでしょう。
夫婦共にこのようなスタンスでいられると良いですよね。

また、夫婦問題を抱えている方は聞く(聴く)ということを勘違いされていることが多いです。
まず、パートナーの話を聞いている時間があなたが話す時間よりも長いからといって、
しっかり聞いているということにはなりません。
時間の長さは関係ないということです。

そして、もう一点ですが、話を聞いているとしても、
「話を聞いていますよ」というサインを示さないと、

相手にとっては「聞いてもらえたことにはならない」ということです。
ここでいうサインというのは、相槌のことです。
最低限頷くことくらいはしてくださいね。
もちろん言うまでもありませんが、気持ちを込めてですよ。

ご予約・ご相談はコチラ

080-4598-9900 初回無料メール相談はこちら