お気軽にご相談ください。

24時間受付中
電話受付時間10:00~20:00 初回無料メール相談はこちら

いつもお客様との共同作業。最後まで寄り添ってくれる、そんなお客様の願いに応えてきました。
共依存の克服には自分軸の構築から。心理学や時には(現実的な)スピリチュアルを交えながら克服していきます。
夫婦問題を解決して終わりじゃない!離婚カウンセラーの常識を覆したい!千葉県柏市(アクセス詳細はコチラ)を中心に活動しています。出張可。電話相談可。
無期限(何度でもご相談可能)の定額メニュー『「共依存」克服プログラム(離婚・修復相談含む)』(メニュー・料金表はコチラ)が好評です。
離婚・修復後までフォローいたします。 

HOME | married couple | 自己愛性パーソナリティ障害と共依存

自己愛性パーソナリティ障害(人格障害)と共依存者の末路

自己愛性パーソナリティ障害の方と共依存の方の組み合わせは、仮に結ばれたとしても破綻する確率は高いです。

会話の内容やメールのやり取りなどを拝見することがありますが、多くの場合、傷の舐め合いです。
傷を舐め合っていることに酔いしれているのです。

しかしこれはお互いのことを思っているようで、実は両者共に自分のことしか考えていません。

それを愛だと勘違いしているのです。
とても真実の愛とは言えません。


自己愛性パーソナリティ障害の方は、無意識で自分の都合の良いように動いてくれる相手を探しています。
決して自分のことを否定しない相手を好みます。
そしてギブアンドテイクのギブの部分がありません。
ギブは仮にあったとしてもテイクするためのギブ、あるいは自己満足で相手を見ていないギブです。


相手のことは、自分が輝いていられるため(偽りの輝きですが)のアクセサリー程度にしか思っていません。
自分に献身してくれるその姿を意識の上では愛だと勘違いしています。

一方で共依存側の方は、自分がただのアクセサリー程度の役割であることに気付かず、むしろ頼られていると感じ、喜びを感じます。
ただ利用されているだけなのですが、自己肯定感が低いため気が付きません。

どんなに自分(共依存者)が被害を受けても、そしてどんなに周囲の人に迷惑をかけていても、自己愛性パーソナリティ障害の方が離れていってしまうのが怖いので、一人の人間、一人の大人として、注意すべきことも注意できずすべてを肯定してしまいます。

決して自立を促すような存在にはなれません。
この点が共依存側の、結局は自分のことしか考えていないと言える点です。

最終的に、自己愛性パーソナリティ障害側の「わがまま」に共依存側がついていけず、自己愛性パーソナリティ障害側が、今までずっと自分を肯定してくれていた共依存側に対して恨みを持ち、裏切り者扱いして終わるパターンが多いです。

共依存側は要するに使い捨て人間です。
必要とされなくなったら捨てられる運命にあります。
ほんの少しでも否定することは許されません。
単なる「わがまま」では済まなくなるでしょう。

自己愛性パーソナリティ障害と共依存者の組み合わせは、
真の愛ではないにもかかわらずお互いに勘違いしてしまう可能性が高く、お互いに傷をえぐる関係にもなり得ます。

また、よく見られるケースですが、
共依存側が自己愛性パーソナリティ障害の方に過度に執着してしまうことがあります。
頭では離れないといけないとわかっていながら離れられず、むしろ接触を自ら取りに行ってしまいます。
自己愛性パーソナリティ障害の方からの洗脳が(別れた後でも)なかなか消えにくいのです。
そのため、物理的に距離をとる等、なかなか接触できないよう、一定期間、自分を律する努力をし続ける必要があります。

離れないといけないということに、本人(共依存側)だけが気が付かないケースも多いです。
友人や家族が執拗に「離れた方が良い」と助言しているにもかかわらず、受け入れず、自己愛性パーソナリティ障害の方からの攻撃を受け、同じようなパターンを繰り返します。
あまり何度も繰り返すと、友人や家族が離れていくことがあります。
呆れられてしまうのです。
後述していますが、共依存側の方が自己愛性パーソナリティ障害の方の言動や行動に似てくることもあり、それによってさらに距離を取られてしまいます。
自己愛性パーソナリティ障害の方は、別れた後に恨みを持つ傾向にあるため、共依存側の方の友人や家族を巻き込むことがあります。
それを察知して、共依存側のあなたから離れた方が良い、となるのです。
いろいろな理由で、共依存側のあなたから離れていきます。

すると、共依存側は孤立してしまいます。
その孤独感から、どんな形であれ周囲にただ一人残ってくれた自己愛性パーソナリティ障害の方にしがみつくようになり、より一層離れられなくなります。
一人になるよりはそばにいてくれた方がマシ、となってしまうのです。

この危険な負のスパイラルにはまらないようにしていただきたいところです。

一度「離れた方が良いでしょうか」とご相談いただいた方から、
半年後、1年後に再度ご連絡いただき、
「やっぱりあの時(前回私大村に連絡した時)に離れていれば良かった」
とおっしゃるケースも多いです。

また、散々振り回され様々な被害を受けた共依存者側は、どうにかしてギャフンと言わせてやろうと思ったり、自分(自己愛性パーソナリティ障害側)がやったことがいかに酷いことかをわからせようとしたい、等と思うことがあると思います。
むしろこういった気持ちの強さが離れられない原因になっているということもあると思います。
気持ちはわかりますが、通じないのでやめた方が良いです。
一つ言えることは、今現在が一番被害が最小だ、ということです。
信じられないかもしれませんが、今現在が一番傷が浅い状態です。
関われば関わるほど被害が拡大します。

ですから、自己愛性パーソナリティ障害側から「別れたい、離婚したい」と言われている方は、それは離れられるビッグチャンスだと思ってください。
変に、復讐や無駄で通じることのない話し合いをしようとして怒りを買って執着される前に離れてください。
どうしても気持ちの整理がつかない場合はご連絡ください。

また、両者共に自他の区別がつきにくい(相手は自分であるという感覚が強い)ため、
両者共にストーカー化する可能性が高い関係です。
別れ方にも注意が必要です。

以上まとめると、本当に本当の末路は、
共依存側の方も自己愛性パーソナリティ障害の方も両者共に孤立する、
ということになります。

ご予約・ご相談はコチラ

事実の書き換えに惑わされないように

離婚か修復かいずれにしても日記のようなものをつけておくことが大事です。
ボイスレコーダーなどで会話を録音しておくことも大事です。

なぜなら、自己愛性人格障害の人は平気で事実を書き換えるからです。
一度認めたことも時間を経て(あなたが忘れた頃を見計らって)書き換えをしてきます。


例えばこんな例があります。

・不倫をした→ただ相談にのってもらっていただけ(あるいは、相談にのっていただけ)。

・不倫をした→あなたが心配しないように(不倫相手のことを)あなたに話さないようにしていた。

・あなたのことを無視した→あなたが無視したから私も無視することにした(あなたは無視していないのに)。

・あなたの呼びかけに応じない→あなたが話し合いに応じないから前に進めない。
→完全に責任転嫁ですね。


・あなたが不倫を問い詰めた→あんな(中途半端な、抽象的な)言い方じゃわからない(から不倫を続けた)。
これは不倫に対する正当化も暗にほのめかしていますね。
理解力のない自分を演じることで、不倫について問いつめられていたことに気がついていなかった、ということにしています。


等々あなたへ責任転嫁してきます。

共依存克服・夫婦問題カウンセラーの大村祐輔の似顔絵です。
記録のススメ、記録はお守り

このように時間軸の逆転因果の逆転をして書き換えてきます。
自分を守るためなら見境ないです。
脳の働きも関係しているのですが、本気でこのような発言をしてくるため、
あなたは「本当にそれが事実なのではないか」という気になってきませんか?

そこで飲み込まれないようにしてください。
そのために日記やボイスレコーダー(アプリもあります)は必須です。
何かの証拠として役立たせることだけでなく、
記録したものを後で見返すことで事実を冷静に確認でき、飲み込まれることを防ぐことにもなります。

「そんなことを言った(言われた)覚えはない」等言った言わないの話になった時に飲み込まれずに済みます。
また、相手の発言を記録するという意味もありますが、自分の発言を記録するという意味もあります。
自分が何を言って何を言わなかったのかを忘れてしまうのを防げます。
忘れてしまうと今後の戦略に響くため、重要です。

記録はお守りなのです。

また、無視されることについて少し付け加えさせてください。
上で、「あなたが無視するようになったから私も無視することにした」という発言の例を書きましたが、
そうならないよう最低限挨拶程度はあなたの方から行ってください。
おはよう、おやすみ、ただいま、おかえり等々。
その時もボイスレコーダー等で記録しておくことが大切ですね。
自分から挨拶して相手が無視するという状況の記録はあなたにとって余裕を与えるでしょう。
また、無視されることは本当に辛いことではありますが、実は無視する方も辛いのです。
無視することで潜在意識では自分の首を絞めているのです。
これさえ知っておけば、無視されても少し辛さを軽減できませんか?

相手のペースにはまらない工夫を試してみてください。

※このような書き換えは自己愛性パーソナリティ障害の方だけに当てはまるわけではありません。


ご予約・ご相談はコチラ

自己愛性パーソナリティ障害チェックリスト

チェックリストを作って欲しいとの要望が多かったので作成しました。
理想の自分には程遠いという現実を認められないが故の結果が以下のものとなっていると思います。
チェックマークのアイコンです。

☑1.自己肯定感が低いがプライドは高い

☑2.自分の思い通りに動いてくれる利用できる人を好む

☑3.自分の意に沿わない相手の意見はすべて非難・拒絶する

☑4.日常的に嘘をつく

☑5.自分の嘘を本当だと思い込む

☑6.上手くいかないことがあると人のせいにする
(自分のミスは相手のミスにし、相手のミスは相手の自尊心を下げて支配するために利用する)

☑7.自分が絶対に正しいと思っている

☑8.浮気(不倫)、DV・モラハラ、借金等を正当化する

☑9.絶対に謝らない、謝ったら自分を否定することあるいは負けだと思っている

☑10.思い通りに動かない相手に暴力をふるう、侮辱、罵倒あるいは無視する

☑11.白か黒か、全か無か、0か100かの二者択一的な思考である

☑12.人を敵か味方かで判断する

☑13.何事も勝負事として考える

☑14.自分が勝つ(相手が屈服する)まで復讐する

☑15.自分の攻撃による相手の防衛を攻撃と見なす

☑16.相手からの被害をずっと覚えている

☑17.相手からの被害を周囲に吹聴し、被害者アピールをする

☑18.被害者だと思い込む

☑19.話をすり替える(時間軸や因果を書き換える)

☑20.人の話を都合の良いように解釈する

☑21.都合の悪いことは忘れるあるいは忘れたフリをする

☑22.相手の意見を「否定された」「侮辱された」と解釈する

☑23.過去の栄光にすがる 同じ自慢話を何度もする

☑24.できないことはやらない

☑25.理解できないことは否定する

☑26.見栄っ張りである(収入に見合わない高級品を購入する)

☑27.周囲の人が一目で「あなたのことだよ」とわかるようなことを相手に言う
(「人のせいにするな」「嘘をつくな」「話をすり替えるな」等)

☑28.外面は良い

☑29.病院やカウンセリングに行こうとしない

☑30.病院やカウンセリングで嘘をつく

チェックリストからは除きましたが、
自己愛性パーソナリティ障害の人は、パートナーに対して酷い暴言を吐いたりしてまともに話せないような気まずい関係になっても、翌日にはリセットされ何もなかったかのように接してくることがあります。
普通にデートに誘ってきたりして、気まずさというものがないようです。
記憶障害という説もあります。
多くのお客様の話を聞いていると、アスペルガー症候群の方にも見られることがあるように思います。

また、自己愛性パーソナリティ障害の人がプレゼントをあげることもありますが、大抵の場合、相手が欲しいものではなく自分があげたいものをあげる傾向にあります。
そして相手が思うような反応を示さなかった時に怒ります。
「こんなにしてやったのに」が口癖です。
結局自分しか見ておらず、相手を見ていないということです。

また、「自分はいろんなことを一方的にしてもらえる立場」だと勝手に思い込んでいます。
自分がそんな恩恵を受ける立場ではないことにどうしても気が付けません。
必然的に周囲に不満ばかりが募ります。
健全な人であれば感謝するようなことを結構されているのですが、「自分はもっと特別にしてもらえる立場」だと思い込んでいるのでいずれにしても不満になります。
公平に扱われているのにもかかわらず不公平に扱われていると勘違いしてしまいます。
つまり自分のことを全くわかっていないのです。
こういった思考ですのでどこに行っても不満になり、「なぜ自分ばっかりこんな目にあうのか」という被害者意識を強めるのです。
「自分が絶対に正しい」がある限り変わることはないです。

ご予約・ご相談はコチラ

なぜ自己愛性パーソナリティ障害の人に惹かれてしまうのか

自己愛性パーソナリティ障害の人には、
「自分は特別であり、自分を理解することができる人だけが、自分に近づく権利がある」
という思考の特徴があります。

本当は、現実が理想に及ばずにそのギャップに苦しむが故に生まれる特徴で、自分を守るため、自分や他者からの視線を誤魔化すため、の特徴でもあります。

自尊心や自己肯定感は努力をして理想に近づいていくことで高まるものなのですが、自分を誇大化することでなんとか表面だけ保っている、というイメージです。
そのため、意外と脆く、他者からの助言や苦言を聞き入れることに抵抗を示します。
侮辱されると攻撃的になるのは自己防衛のためです。
長期的なプラスではなくとにかく目先のプラスを優先します。

そういった特徴が、共依存やアダルトチルドレンの特徴を持っている方にとっては魅力に映ってしまうことがあります。
健全な人というと言い方が悪いですが、健全な人はこのような利他性のない人からは離れます。

しかし、共依存やアダルトチルドレンの特徴を持っている方にとっては魅力に映ることがあり、
さらに他の人が離れていき孤立しているのを見て、

「自分だけが分かってあげられる」「かわいそう」
と思ってしまいます。

なぜ周囲の人が離れているのかが分からないのです。

実際、友人がほとんどいなかったり(特に同性の友人が少ない)、結婚離婚を繰り返したり、仕事が続かずに転職を繰り返す、という方が多いと思います。
自己愛性パーソナリティ障害の方は組織に属することが難しく、自営の方も多いですが、それも上手くいかないことが多いです。
そして、「(友人が自分を)裏切った」「(前の妻あるいは夫が)酷い人だった」「(職場の上司や同僚に)自分だけ雑に扱われた」「(自営は)〇〇のせいで上手くいかなかった」等といった話(自分は被害者だという話)を何度も聞かされることになると思います。
しかし、共依存やアダルトチルドレンの特徴をもった方は、自己愛性パーソナリティ障害側の発言を真に受け、「なぜそんな辛いことが繰り返されるのか、かわいそう」とは思っても、「もしかしてこの人にも問題があるのではないか」と思うことはありません。
これが危険なのです。

 
そのような危険性を考慮せず、表面的にしか見ることができていないと、
「そんな特別な人だけが近づくことができる人に認められている自分ってすごいのかも」
と勘違いしてしまうこともあります。
 
共依存を超えて、自己愛性パーソナリティ障害の特徴がうつることもあります。
ここまでくることはまれではありますが、気を付けてください。
 
なぜ周囲の人は離れていくのか、客観的な目で見てもらいたいと思います。
離れていかれるだけの理由がきっとあります。

なかなか納得できるものではないと思いますが、共依存やアダルトチルドレンの特徴を持った方は、機能不全家族で育ったことで、不安定な人に魅力を感じてしまうようです。
安定した人よりも不安定な人の方が無意識の部分で安心しているのです。
育った環境、日常が不安定だったため、不安定なことに慣れ親しんでいるのです。
自己愛性パーソナリティ障害のような人に魅力を感じるという方は、安定した人を「平凡でつまらない」と判断する傾向にないでしょうか?
少し思い返してみてください。

 「死にたい」と言われたら離れましょう

自己愛性パーソナリティ障害の人は、良好な人間関係を形成するのは難しいです。

自分が中心でないと気が済まない上、
常に「誰も自分のこと(自分の偉大さ)をわかってくれない」
という恨みにも似た不満を持ち、周囲を混乱させます。
自分のことを客観視できないため、明らかに周りを振り回しているにもかかわらず、本気で自分が被害者だと思っています。


パートナーに対しても求めるものに際限がなくなり、パートナーは手に負えなくなり、やがて満たされなくなり、浮気(不倫)が多くなります。

そんな風に周囲を混乱させてしまったり、また、浮気(不倫)がバレたりというようなことがあると、
「死にたい」と自殺をほのめかす言葉を口にすることがあるでしょう。

「自分なんかが居てもみんなを困らせてしまうだけ。(だから死ぬ)」
「私は害虫みたいなの。(だから死ぬ)」
「自分のことが大嫌い。(だから死ぬ)」
というようにいろいろな言い方はあります。

それが本気なのかあなたに離れて欲しくない故の発言なのかは別として、とにかく離れた方が良いです。

「死にたい」という発言は最大の脅しです。
単なる脅し以上のものがあります。
自己中心的な発言の象徴です。

確かに「死にたい」と思うことは誰しもあることかもしれません。
ただし、それをパートナーに面と向かって言う必要はあるでしょうか?
ということです。

これを言われたらどうすることもできませんよね?
無視して放って本当に死んでしまったら…一生罪悪感をもつことになりますからね。

さらに付け加えると、
生きている価値はないとは思っていても、反省はしていません。
ということです。

離れることが賢明です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後に念のためお伝えしておきますが、
浮気(不倫)などがなくあなたを振り回していない上での発言であれば(うつ病等が原因)、しっかりサポートしてあげてくださいね。

このページで「離れた方が良い」と言っているのは、
自分が浮気(不倫)等良からぬことをしたにもかかわらず、
自己防衛的でかつあなたに罪悪感を持たせて縛り付けるために言っている場合のことです。

ご注意ください。

ご予約・ご相談はコチラ

080-4598-9900 初回無料メール相談はこちら