お気軽にご相談ください。

24時間受付中
電話受付時間10:00~20:00 初回無料メール相談はこちら

いつもお客様との共同作業。最後まで寄り添ってくれる、そんなお客様の願いに応えてきました。
共依存の克服には自分軸の構築から。心理学や時には(現実的な)スピリチュアルを交えながら克服していきます。
夫婦問題を解決して終わりじゃない!離婚カウンセラーの常識を覆したい!千葉県柏市(アクセス詳細はコチラ)を中心に活動しています。出張可。電話相談可。
無期限(何度でもご相談可能)の定額メニュー『「共依存」克服プログラム(離婚・修復相談含む)』(メニュー・料金表はコチラ)が好評です。
離婚・修復後までフォローいたします。 

HOME | 夫婦円満豆知識 | お互いの「認知特性」を知ろう

お互いの「認知特性」を知ろう

認知特性とは、神経心理学の分野で使われる言葉です。
 
ある物事を見たり聞いたりしても、
誰もが同じように見ていたり聞いていたりするわけではない、ということです。
ある物事を表現する方法も人によって異なる、ということです。

夫婦で話をしている際に、

「どうしてわかってくれないの」
「説明が下手!」
「病気(発達障害等)なんじゃないの?」

と思うことがあると思います。

しかし、この認知特性を知っていればパートナーを責めても仕方ない、
ということが理解できるかと思います。

人には得意不得意があります。
つまりパートナーに得意不得意があるのと同様に、あなたにも得意不得意があるわけです。

お互いの認知特性を知っていれば、
すぐに病気なのではないかと判断することもないですし、
相手を責めたり自分を責めたりする前に、一呼吸置くことができます。

一般的に以下のタイプがあります。

A 視覚優位者
– 写真のように二次元で思考するタイプ
–空間や時間軸を使って三次元で考えるタイプ

B 言語優位者
– 文字や文章を映像化してから思考するタイプ
– 文字や文章を図式化してから思考するタイプ

C 聴覚優位者
– 文字や文章を、耳から入れる音として情報処理するタイプ
– 音色や音階といった、音楽的イメージを脳に入力するタイプ

お互いのタイプに合わせた話の仕方をしてみてはいかがでしょうか?

《参考文献・引用》
『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』
本田真美 著 2012 光文社新書
 

ご予約・ご相談はコチラ

080-4598-9900 初回無料メール相談はこちら