お気軽にご相談ください。

24時間受付中
電話受付時間10:00~20:00 初回無料メール相談はこちら

いつもお客様との共同作業。最後まで寄り添ってくれる、そんなお客様の願いに応えてきました。
共依存の克服には自分軸の構築から。心理学や時には(現実的な)スピリチュアルを交えながら克服していきます。
夫婦問題を解決して終わりじゃない!離婚カウンセラーの常識を覆したい!千葉県柏市(アクセス詳細はコチラ)を中心に活動しています。出張可。電話相談可。
無期限(何度でもご相談可能)の定額メニュー『「共依存」克服プログラム(離婚・修復相談含む)』(メニュー・料金表はコチラ)が好評です。
離婚・修復後までフォローいたします。 

HOME | 夫婦円満豆知識 | 家庭内別居には手紙が有効

家庭内別居には手紙が有効

家庭内別居状態に至った経緯は夫婦によって違いますが、
どの夫婦にも共通する悩みは、
話し合いができない
という点です。

両者共に、あるいはどちらか一方が自分の部屋に閉じこもって出てこないというケースが多く、
いわゆる冷戦状態で探り合っている状態になります。

ただし、同じ家にいるということですから、
いつ話し合いが行われるかわからない警戒心がお互いに強くあります。

話し合いをしなければ進んでいかないという気持ちがある一方で、
また非建設的なケンカのようなものになってしまわないかという怖さもあります。

家での話し合いは周囲の目が気にならないので感情的になりがちです。

その前置きとして手紙が有効になります。
冷戦状態中はどちらかが口を開けばすぐに喧嘩になってしまいますから、
そうならないようなクッションの役目になります。
       
夫が手紙を渡しているイメージのアイコンです。
夫婦間の手紙のアイコンです。
妻が手紙を受け取っているイメージのアイコンです。

前もって話したい議題のようなものを書いておくのも良いですね。
家ではすぐに感情的になってしまうから外(喫茶店等)でいついつに話そうということを書いても良いと思います。

また、どちらか一方が自分の部屋に閉じこもりがちの場合、
部屋から出てきてもらうためのツールとしても使えます。

冷戦状態ではなかなか伝えることのできない感謝や謝罪の言葉を手紙で伝えることで、
心を開いてもらえる確率は上がります。

ただし、闇雲に手紙を書けば良いとは限りません。
場合によっては、手紙ではなく話せばいいだろう、と怒りを買うこともあります。

なぜ手紙なのかという意図を理解してもらえるようにしないといけません。

手紙の内容や渡すタイミングなどお気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はコチラ

080-4598-9900 初回無料メール相談はこちら